読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Prometheusのec2 service discoveryを試す

Prometheusには ec2 service discovery機能があり、EC2インスタンスに監視用のagent(exporter) をインストールして、特定のタグを設定するだけで監視・モニタリングの対象とすることができます。

通常のノードの追加

設定方法は以下のように、対象となるノードの情報をPrometheusの設定ファイルに書き、設定を反映されるためPrometheusを再起動します。
これの作業はノードを追加するたびに発生します。

  - job_name: 'node'
    scrape_interval: 30s
    scrape_timeout:  15s
    static_configs:
      - targets: ['172.0.0.3:9100', '172.0.0.3:9256']
        labels:
          name: 'server1'
          stage: 'prod'

ec2 service discoveryを利用したノードの追加方法

ec2 service discoveryを利用するには設定ファイルを以下のように書きます。
ec2 service discoveryを利用することで、この例ではインスタンスのタグ(Stage)に、prodかstgを値と設定すると自動的に監視・モニタリング対象として自動的に検出します。

  - job_name: 'node'
    ec2_sd_configs:
      - region: ap-northeast-1
        access_key: APIKeyを書く
        secret_key: SECRET_KEYを書く
        port: 9100
    relabel_configs:
      - source_labels: [__meta_ec2_tag_Stage]
        regex: (stg|prod)
        action: keep
      - source_labels: [__meta_ec2_tag_Name]
        target_label: name
      - source_labels: [__meta_ec2_tag_Stage]
        target_label: stage

job_name はPrometheusでよく設定される監視対象をグルーピングするラベルです。
ec2_sd_configsにある設定項目は Configuration | Prometheus で確認できます。
ここでは最低限のAWSの設定と、Node exporter がリクエストを受け付ける port番号の設定のみをしています。

relabel_configsは以下のようになっています。

1. 最初の source_labels

監視・モニタリング対象とするかどうかの判断をします。この例ではEC2インスタンスのTag(Stage) の値が、stgかprodの場合は監視・モニタリング対象になります。

2. 2番目と3番目の source_labels

EC2インスタンスのTagの値をPrometheusのラベルに設定しています。
ここでは、EC2のタグのNameの値をPrometheusのラベルのnameに設定し、同様にStageの値をstageに設定しています。
このようにPrometheusのラベルに値を設定しておかないと、Prometheus内(Alertmanager含む)で値を利用できないためこのように設定します。

relabel_configsの設定は EC2 Discovery Relabelling - Robust Perception が参考になりました。

複数の exporter を利用する場合

監視に利用する exporter が複数の場合は、port を複数設定する必要が出てきますが、ec2_sd_configs では port は int値のみ指定可能で複数のportをまとめて書くことはできません。
そのため Node exporter と Process exporter を利用するような場合には、以下のように ec2_sd_configs を書く2つ書くことになります。

  - job_name: 'node'
    ec2_sd_configs:
      - region: ap-northeast-1
        access_key: APIKeyを書く
        secret_key: SECRET_KEYを書く
        port: 9100
    relabel_configs:
      - source_labels: [__meta_ec2_tag_Stage]
        regex: (stg|prod)
        action: keep
      - source_labels: [__meta_ec2_tag_Name]
        target_label: name
      - source_labels: [__meta_ec2_tag_Stage]
        target_label: stage

  - job_name: 'process'
    ec2_sd_configs:
      - region: ap-northeast-1
        access_key: APIKeyを書く
        secret_key: SECRET_KEYを書く
        port: 9256
    relabel_configs:
      - source_labels: [__meta_ec2_tag_Stage]
        regex: (stg|prod)
        action: keep
      - source_labels: [__meta_ec2_tag_Name]
        target_label: name
      - source_labels: [__meta_ec2_tag_Stage]
        target_label: stage